【簡単解説】VRのDoFってなに?3DoFと6DoFの違いも解説!

ブラックな背景にネオンな文字

VRを調べていると、3DoFや6DoFの用語を目にすることがおおいですよね。

今回は、そんなよく目にするDoFの意味や、3DoFや6DoFの違いについて分かりやすくご紹介します!

  • VRでのDoFは、自由度のことをさす。
  • 3DoFはX軸・Y軸・Z軸の回転を感知
  • 6DoFだと3DoF(X軸・Y軸・Z軸の回転)+移動の感知

VR空間内を自分の足で前後左右上下に移動したいなら(好きなキャラをなめいるように見たいなら)、6DoFである必要があります!

またVRでのDoFは没入感に影響を与えます!より没入感を味わいたいなら6DoF一択です!

管理人

この記事の信頼性

・筆者は3DoFも6DoFも実機で経験したことがあり、6DoFのVRは1年以上利用している。
・3DoFはOculus Go、6DoFはOculus Questで体験。

DoFとは自由度のこと

DoFは、『Degree of Freedom』の略称でVR空間内での自由度のことをさします!

自由度と聞くと難しく感じますが、要するにどのくらい動けるかです!

VRでのDoFは、3DoFと6DoFの2種類があります!

ちなみに、全てのVRが最低でも3DoFはあります!!

管理人

3DoFと6DoFの違いについて

簡単に説明すると3DoFと6DoFの違いは、動きを感知できる『数』の違いです!

3DoFはX軸・Y軸・Z軸の回転を感知でき、6DoFは3DoF+移動まで感知できます!

3DoFは向きと傾き

3DoFはX軸・Y軸・Z軸の回転のみを感知できるので、立っている状態で、上下、左右の頭の回転と傾きを感知できます。

イメージとしたら、自分の身体中心にプラネタリウムが投影されている感じです。

自分を中心に映像が投影されているので、常に一定の距離にあるので近づけないし、遠くにも行けないって感じです

ちなみに近づけないし遠くにも行けないと書きましたが、3DoFでもコントローラーで移動位置を選択すれば移動できます。

3DoFだと、自分の足で移動した分、近づける感覚は味わえないです!

6DoFは移動も可能

6DoFは、3DoF(X軸・Y軸・Z軸の回転)に加えて、各軸に対してさらに移動ができます!

つまり、自分の足でVR空間内を歩けます!

例えば、VR空間内に犬がいたとして、現実空間で実際に歩いて近づいたとします。

その現実空間での動きに合わせて、VR内の映像も犬に近づいたように動きます。

もし、しっぽの方向から見たいなら、自分の足で回り込むと実際にしっぽの角度から犬を観察できます!

6DoFの何がいいかって、まさにここです!

自分の身体の動きに合わせて、視界が変わるので、その仮想の空間に自分がいるような錯覚を覚えます!

3DoFでも十分没入感を味わえるのですが、自分の身体の動きにリンクする6DoFは非常にわくわくします!!!

もちろん、家で利用する人がほとんどなので、基本的に移動はコントローラーを使用しますが…

ちなみに、有名なVRゲーム『Beat Saber』は6Dofじゃないとできませんので、ご注意を!

管理人

あわせて読みたい記事

1年間Oculus Questを使ったわたしが解説!VRで運動するならBeatSaberがおすすめな理由2つ!

VRで運動するなら、BeatSaberがおすすめな理由は2つ! 楽しみしながら運動ができる運動量がえげつないから普通にやせる この記事をかいた人 元々、太鼓の達人がすきな人間YoutubeでBeatS ...

まとめ

  • VRでのDofは、VR空間内の自由度をさす。
  • 3DoFは上下、左右の頭の回転と傾きを感知
  • 6DoFだと3DoF+移動まで感知
  • より没入感を味わいたいなら6DoF

元々6DoFは、ゲーミングPCと接続しないと体験できない高価な代物でしたが、スタンドアローン型(PC接続不要)のVRの誕生で、もっと気軽にVR体験ができるようになりました。

筆者はゲーミングPCなんて持っておらず、ノートPCもスペックしょぼしょぼなので、6DoFでVRを遊ぶならOculus Quest一択でした。

2020年にOculus Quest2が発売されておりますので、興味のある方は一度調べてみてください!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回の更新もお楽しみに~!

© 2021 musk blog Powered by AFFINGER5